私の中で重要な『気負いしない』運動&筋トレのお話

私の中で重要な『気負いしない』運動&筋トレのお話を

紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

私は日々、ウォーキングやランニングの運動にプラスして、

腹筋などの基本大して難しくない筋トレをしています。

 

 

正直スタートさせた初期の頃は「忙しいし、すぐに止めちゃうな…」と、

あまり自分の『継続力』に自信はありませんでした。

 

 

しかし今現在、家族や友人が驚く程に体全体に筋肉がついています。

 

 

特に目立って筋肉がついたのは上腕二頭筋や腹筋です。

 

 

ましてや、継続的に運動をスタートさせる前に比べると、

ジムなどに行っているわけでもないのに胸板が厚くなりました。

 

 

以前テレビで偶然知ったのですが、下半身を鍛えると体全体に

筋肉がつきやすいと言っていました。

 

 

ですので、もしかすると足(脚)をよく使う運動が中心の私は

そのお陰で今の体型になれたのかもしれません。

 

 

今年で約10年近く継続させることが出来た私が思う続ける秘訣は、

過度に頑張り過ぎなかったことだと思います。

 

 

健康や体型維持、またはダイエットなどの為の運動や筋トレは、

スタートしようとすると最初に気合が入るものですが、

入り過ぎると続きません。

 

 

日常生活にプラスして『走る』ことは想像以上に継続が困難です。

 

 

それに、ジムに通うなどの本格的な場所へ行くとなれば

初心者などですと何だか勇気がいります。(私はそうでした(苦笑))

 

 

何事に関しても言えますが、やはり『楽しむ』こと『達成感』、

そして『結果』というものが無ければただの辛い作業です。

 

 

なので私は自分に合った初歩的ともいえるウォーキング・ジョギング・

腹筋という、気負いし過ぎないメニューにしているのです。

 

 

何だか生意気に語ってしまいすみません。(笑)

 

 

私が運動や筋トレで好きなところを言わせていただきます。

 

 

好きなところは、日常の中で必ず抱える「ストレス」を、

外の空気を吸うことで気分転換させてくれ、自ずと

前向きになれるところです。

 

 

私の『継続力』はここが重要なキーワードかな?と感じています。

 

 

あ、それと運動しているせいか分かりませんが、

「実年齢よりも若いよね」と言われることも嬉しいです。(笑)

 

 

(あ、私は運動中、好きな音楽を聴いたり、時々空を眺めたりして

深く深呼吸しています。何だか気持ちが晴れます。)

 

 

まぁそんな感じで、私の運動や筋トレについて長々と

お話させていただきましたが、まとめますと、私のような人一倍

継続に自信が無い人間でも、過度な運動でなければ

毎日行えるということです。

 

 

続けることには精神面で少し頑張らないといけないときもありますが、

一度歩き出し、足を止めなければゴールに間違いなく辿り着きます。

 

 

ムリせず、楽しむことを忘れずに、のんびりで良いので

やってみれば今までに無かったものが見えるかと私は思います!

 

 

以上、私の運動&筋トレのお話でした。

 

ウォーキングで心も体も元気に

私のおすすめの運動はウォーキングです。

 

 

ウォーキングと聞くと、スポーツウエアなどを着て、

いい靴を履いて、何十分も歩くというイメージがあると思います。

 

 

しかし、私が言うウォーキングは、それとはまた異なっています。

 

 

確かにその方法もいいですし、効果があります。

 

 

ですが、それを毎日するとなると、余程時間や体力に余裕が

ないとできない事です。

 

 

私は、日々の生活の中でできるウォーキングについて紹介します。

 

 

まず、普段の歩く速さを速くします。。小股で速く歩くのではなく、

大股でゆっくりと歩幅を広くするように意識します。

 

 

周囲の歩いている人を追い抜かしていく感じです。

 

 

 

この時、足先ばかりを前にするのではなく、腹筋に力を入れて

骨盤から歩くようにイメージします。

 

 

そうすることで、上半身もきちんとついてきてくれるので

歩く姿勢が良くなります。

 

 

 

ついつい仕事終わりなど疲れていると背中が曲がってしまっていたり、
骨盤が後ろにそっていたりすることがありますが
そこは、意識して真っ直ぐな姿勢を保てるようにします。

 

 

また、これは女性に多いのですが、歩くときに内股に

なっている場合があります。

 

 

これも、意識して、つま先を外に向けて歩くようにします。

 

 

内股気味の人は、蟹股くらいでちょうどいいくらいになると思います。

 

 

つま先を外に向けて歩くことで、
内腿の筋肉が鍛えられ、太ももが引き締まり
足がむくみにくくなります。

 

 

内転筋と腓腹筋というものがあり、それらは足の血液を心臓へと

戻してくれる力がありそこを鍛えることで、足の循環も良くなり、

足のむくみの改善につながります。

 

 

 

毎日の通勤やお出かけで歩くときにこれらのことを

少し意識することで何も考えずに普通に歩いている状態よりも

筋肉が使われ代謝も良くなります。

 

 

また、姿勢を正しく保ち大きな動きをすることで、身体の

血液循環も良くなるので頭もスッキリし、気分も良くなります。

 

気持もリフレッシュできます。

 

 

このように日々の生活動作も工夫と意識1つで効果的な運動に

変化させることができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です