ジム通いをせずに体型維持

ジム通いをせずに体型維持をする事は

可能なのでしょうか。

 

 

 

身内には自分の体型のことを「太い」や「逞しい」と

言われることはあっても、「肥満だ」や「弛んでいる」と

言われたことはここ数年一度もありません。

 

 

生活による体型の違うがかなりはっきり表れる年代だと思うので、

運動の時間は必ず確保するようにしています。

 

 

 

五年ぐらい前から、毎日ストレッチと軽い筋トレを

自宅でしています。

 

 

ストレッチは15分ぐらい、ゆっくりと首、肩、お腹、

足などを伸ばすようなストレッチだが、いわゆる小学生の

体育の授業でやっていたようなものと同じようなものです。

 

 

自分は腹筋を重視しているので腹ばいになって両手を

身体の左右に置き、上半身を反り上げるストレッチを

最もゆっくりと念入りにやっています。

 

 

 

ストレッチが終わったら腹筋や背筋の時間です。

 

 

腹筋はやり始めの頃は両足を床についた形でやっていましたが、

なぜか自分の場合、そういう形でやるとあばら骨の上の方が

痛くなることがありました。

 

 

なので今は両足を空中に上げ、太ももとふくらはぎが90度に

なるように脚を曲げて腹筋をしています。

 

 

これを中くらいのスピードで300回やった後、

今度は腹ばいになって背筋です。

 

 

これも300回やります。最後には四つん這いになって

片足を上げる運動をします。

 

 

これはキツイので100回ずつ程度です。どの筋トレも、

もちろん初めてやるときは20回ぐらいから初めて、

徐々に回数を増やして行きました。

 

 

 

仕事帰りに時間があるときには近所の公園で30分から

1時間ぐらいのジョギングをするのですが、日が暮れてからの

ジョギングも結構気持ち良いものです。

 

 

仕事の同僚ではジムに通っている後輩も少なくありませんが、

自分はジムにお金をかけず、今のところは自宅と公園での運動で

満足しています。

 

 

健康維持と適度な体型維持のために、

今の運動習慣を続けるつもりです。

 

 

筋トレ運動について

人間は歳をとるにつれて、身体の筋力が弱っていきます。

 

 

何も対策しないままにすると最悪の場合歩行困難などに

なってしまいます。

 

 

歳をとってから始めるよりも若いうちから基礎体力をつけて、

しっかりとした心構えをして行くことが大事だと思っています。

 

 

まず筋トレに関してですが、目安としては1週間に1回〜2回ほどで

良いですので1時間ほど軽め運動をすることをオススメします。

 

 

毎日やるよりも適度にこなした方が体にも

負担がかからなくてすみます。

 

 

何をしたら良いのかと言いますと、まずはランニングですね。

 

 

家の周りを走ったり、ランニングマシーンを使ったりすることが

非常に好ましいと思います。

 

 

どうしても走るのが苦手だという人は、

筋トレに力入れてください。

 

 

特に腕立てと腹筋は重要です。腕立てに関しては、

まずは両足を広げベットの上においてください。

 

 

両手はベットの下に時計の2時と5時を指す感じでおろします。

 

 

その状態で、20回ワンセットを三回やってください。

 

 

最初はできないと思いますが徐々に慣れて来ます。

次に腹筋に関しては、仰向けになり、両足をくっつけそれを

角度が90度になるように上げます。

 

 

下ろすときは床に足をくっつけないように10回ワンセットを

3回やります。

 

 

一ヶ月ほど続ければかなり良い体になりますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です